起業準備をしよう!まずやるべき二つとは?


資金調達の方法を考えよう

起業する上で欠かせないのが資金調達です。やりたいと思っている事業を始めるためにいくら必要か、向こう一年程度のランニングコストはどのくらいかをまず試算し、そのために必要な資金をいかにして確保するかを検討しましょう。自己資金で工面するのがどのくらいかをまず考えるのが大切ですが、生活が苦しくならないように気をつけなければなりません。残りは公的資金か融資を利用することになるのが一般的です。事業内容から考えて公的資金を活用できるかどうかを考え、早めに申請の準備を整えましょう。また、融資を受けるためには説得力がある事業計画書がなければなりません。起業する上で事業計画書を書くのは最も初期に行うことだと理解しておく必要があります。

ToDoリストを時系列で作成しよう

起業するためには資金調達以外にもやらなければならないことがたくさんあります。その準備段階として重要なのが、いつ何をすべきかを考えてToDoリストを作成しておくことです。いつ開業するかを考えて目標を定め、そのから逆算するようにしていつ何をすべきかをリストアップしていきましょう。時系列で作成しておくことによってやるべきことを取りこぼしなく処理していくことができます。手をつけ始めるタイミングと、完成させなければならないタイミングを両方明記しておくのが賢明です。やり忘れたものがあると開業できる時期がだんだんと遅くなってしまうので、最初にToDoリストを作成しておくのは忘れないようにしましょう。

フランチャイズはビジネスモデルの一つです。営業のノウハウや商品、商標などを提供して営業を行わせる側と提供されて営業を行う側が提供者に対価を支払う約束をすることで成り立つビジネス契約のことです。