様々な部署の社員に興味を持ってもらえる社内報を作るには?


必要に応じて社内SNSを活用しよう

社内報は、会社内の様々な部署の取り組みや成果を多くの社員に知ってもらうために欠かせないツールとして捉えられています。特に、社員数が多い企業では、社内全体に価値のある情報を浸透させるために、必要に応じて社内SNSの利用を検討すると良いでしょう。また、広報部や営業部などの社員が中心となって、日ごろから社内報の具体的な内容について意見を出し合ったり、様々な部署の社員にアンケートを取って、必要な情報を流せるように工夫したりすることが大切です。最近では、社内SNSを活用した社内報の魅力について、ネット上のメディアで度々取り上げられることがあるため、質の高い社内報を作成するために、参考程度に情報収集をしておくことがおすすめです。

研修のテーマに社内報の作成を取り入れよう

一人ひとりの社員が社内SNSを使って他の社員とコミュニケーションを取れるようにするには、一定期間の研修が必要となります。特に、新入社員や若手社員を対象とした研修のテーマに社内報の作成を取り入れることで、研修の参加者と情報交換をしながら、少しずつオリジナリティのある社内報を作成することが可能となります。最近では、社内のコミュニケーションを活性化させる手段として社内報を活用している企業が少なくありませんが、質の高い社内報を作成するうえで、定期的にビジネスシーンで役立つパソコンの使い方について丁寧な教育を行うことが重要となります。その他、時には同業他社の社内報のデザインなども参考にするのも良いでしょう。

社内報はプロのライターが書いたものではありませんが、内容はお勧めの飲食店や地域のイベント情報など、書き手がしっかりと調べてくれているのが分かります。読んでもらう工夫もされているものも多く、面白いです。