シンプルな図柄で認知度や印象度を高めよう


シンプルでワンポイントの図柄が描かれている場合

こだわりのある紙袋を提供している会社も少なくありませんが、ワンポイントを入れるだけでそれほど手を加えない印刷にしているところも少なくありません。ワンポイントを入れるだけで手を加えない仕様にしている会社の場合、ワンポイント部分に会社のロゴをはじめとした、会社が一目でわかる物をプリントしていることが多いからです。

一見すると地味なように見えますが、他の華美な物と異なり、機能性や「シンプルな中に現れる美を体現した物」として評価されることが多いといいます。紙袋に対して華美なデザインを求めていない人や機能的な美を求めているにとっては、利便性が高いものとして評価されており、袋だけを持ち歩いて使っている人も珍しくありません。

ワンポイントを入れる位置によって印象が異なる

ワンポイントを入れる位置によって、会社に対するイメージは大きく異なるため、入れる前に製作会社と相談してください。企業イメージをどのように伝えたいのか、企業として顧客にワンポイントで全て伝わるようにするためにはどうしたらいいのかを、話し合うことでデザインが完成します。

デザイン性に富んだものばかりではなく、ワンポイントを入れる位置や大きさ、カラーによって大きく印象が異なるため、参考にしてください。ワンポイントにする理由や、ワンポイントの大きさ、更にカラーによって会社のイメージが著しく異なるからです。企業としてどんな物が通用するのか事前に製作会社のデザイナーと話し合いしてから、利用することが重要です。

今は環境ファーストでレジ袋も有料になる時代、そんな中でも紙袋の印刷によるお店の宣伝効果アップに努力する企業は多いです。オリジナル感たっぷりの紙袋は、特別なオマケを貰ったようなうれしさがあります。