事業承継について悩んでる?専門家に相談できること


事業承継を行うときに考えること

事業承継を行う場合に、初めに考えなければいけないのは、誰に継がせるかということです。誰に事業継承するかによって、税金の額や株の流れが異なりますので、きちんと決めてから今後の計画を立てるようにしましょう。

会社内の人材に継がせるための相談

長男などの親族に事業継承しようと考えている場合も、勝手に決めるのではなく、今後の摩擦を考えて周囲への相談は必要になります。もしかすると、本人が望まない場合もあるので、本人に相談することも忘れないようにしましょう。本人が望まないのならば、別の方を選ばなければいけないので、確認を取らないうちに話を進めるのはやめたほうがよいです。もちろん、親族以外でも会社内から後継者を選ぶことが可能なので、継がせるに相応しい人材がいるのなら、その方を指定して事業継承できます。

社内に後継者がまったくいないなら

社内に後継者に相応しい人材がいないのなら、ほかの会社の経営者に事業継承することもできます。ただし、他社が関わると問題が増えますので、それらに詳しいM&Aの専門家に相談したほうがよいです。専門家にアドバイスをもらって、双方の会社にメリットが多い方法を選び、納得できる事業継承を行いましょう。

税金や株などの問題を相談するなら

事業継承は紙一枚ですんなりと終了するような簡単なものではありません。税金や株といったお金の問題に大きく関わるため、それを相談できる専門家は必須といえます。もしも、お金の問題を相談したいなら、公認会計士や税理士などに相談しましょう。現在では、事業継承に特化している公認会計士や税理士がいるので、さまざまな問題を解決してくれます。

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことを言います。特に子供に引き継がれることが多く、また従業員や役員の中から選任されることも、ありえます。