社員研修のポイント!短期集中とフォローアップ!


短期集中をして学ぶことが重要

社員研修では時間をあまりかけられない場合があります。そんなときにおすすめなのが、短期集中型の社員研修です。短期集中するために合宿型の社員研修にすれば、学びたいことを詰め込んで学ぶことができます。そんな合宿型であれば、研修後に一緒に学んでいる人との交流ができるというメリットもあります。交流で仲良くなれば、会社に帰ってからそのつながりが仕事の役に立つことがあるのです。また、短期集中型のメリットとして、学びたいスキルを複数学ぶことができることです。一般的に社員研修では、多くのことをいっぺんに学ぶと身につきません。しかし、短期集中型では復習をしながら進むことができるので、学ぶことが複数であっても身に付きやすいです。

フォローアップをすることでしっかりと身に付く

短期集中型の社員研修に限らず、研修で学んだことは覚えにくいものです。一回だけ学んでもすぐに忘れてしまうからです。そこで大事なのがフォローアップになります。フォローアップをしてもう一度研修内容を確認しながら、学び直すと学習の定着率が変わってきます。一度だけの研修では覚えきれなかった内容も、フォローアップをすることで覚えることができるのです。また、研修で学んだことを実際の仕事に適用して、上手くいかないことがあるでしょう。そんなときにフォローアップ研修で、上手く仕事に適用させる方法などを学ぶことができるかもしれません。このように社員研修は、終わったあとも身に付くまで続けるという認識が重要です。上手く身に付けるためのポイントは何度も復習することになります。

管理職研修とは管理職へと人材を育成する為に行う研修のことであり、管理職に必要な責任感などを成長させることが目的です。