倉庫内作業にはなにがあるの?資格は必要なの?


倉庫内作業の全貌をご紹介!

倉庫とは製品や部品を一時的に保管しておくための施設です。製品の中には材料などのような製品が作られる前の段階のものや、自動車や電機などのパーツ、完成した製品など様々です。倉庫内の仕事を大きく分けると入荷業務と出荷業務に分かれますが、どちらも伝票との照合が重要な仕事になって来ます。トラックから積み下ろされた品物が伝票と一致しているのか否かを確認する、オーダーが入った部品を棚からピッキングをする、この時伝票に記載されている品物を取り出すことが重要です。従来は目視で伝票との照合を行っていましたが、バーコードが主流となる現代においては、バーコードリーダーを利用した照合が一般的です。これらの作業はいずれも資格を持たない人でもできる仕事になります。

フォークリフトの運転は資格が必要です

トラックから荷下ろしする時、手作業で荷物を下ろすのでは時間も手間も掛かりますし、中には数十キロもの荷物もあるので、パレットに載せた状態で下すのが一般的です。パレットはフォークリフトの爪を引っ掛けて移動することができますが、フォークリフトは運転免許が必要な乗り物ですから、倉庫内作業の中でフォークリフトの運転をされる場合には注意が必要です。

整理整頓は倉庫内作業を円滑に行うための作業です

倉庫作業は入荷と出荷の2つがメインとなりますが、もう一つ重要な仕事があります。それは整理整頓や掃除などであり、作業を安全に行う、間違いを未然に防止するために必要不可欠です。業務の合間に整理整頓を行う、掃除は業務が終わる頃に身近な場所をきれいにするなどが良いでしょう。

3PLとは、指定する業界に特化した物流のスペシャリストが、物流の合理化と顧客満足の向上を実現するものです。