タクシー運転手のやりがいはどこにあるのか


タクシードライバーとしての仕事

タクシードライバーとなり、お客さんを目的地に運ぶ仕事はとても簡単そうに見えるかもしれませんが、実はとても神経を使う仕事です。自分一人でお客さんを乗せるまで街中を走っているときもお客さんをどこで捕まえるのが良いか、色々と目を配る必要があります。また、当然ですがお客さんが乗車している時は運転に加えて、お客さんへの配慮も必要です。ですから、見た目は簡単そう、楽そうに見えるかもしれませんが、かなり神経を使う商売です。これだけ神経を使ってタクシードライバーとして仕事をしていて、お客さんからねぎらいの言葉をもらったりすると、その言葉がとても心に響くもので、こういった温かい言葉がやりがいに繋がっていきます。

自分で目標値を設定できる

基本的にはどこのタクシー会社でもどれだけ収入を増やすことができるかは、自分自身のドライビングテクニック等にかかっています。そして、仕事をこなした分だけお給料をもらうことができるので、頑張ったイコールお給料なのが大きな魅力でしょう。一般的には営業マン等がどんなに頑張ったとしても月々のお給料は決まっているところが多いです。もちろん、ボーナス等の査定はありますが、直接的にすぐにお給料に反映されるわけではありません。タクシードライバーは自分が頑張った分だけお金をもらうことができるので、そういった意味でもこの仕事は魅力が満載です。毎日自分で目標を立てて仕事をすることでやる気も出てきますし、目標を日ごとにクリアできれば、明日への大きな活力になっていくでしょう。

会社の役員用に役員運転手を一人雇うとなれば年間でかなりの支出ですが、派遣で運転手を手配すればスポットでも呼べるのでオススメです。