DIY感覚でやってみよう!電気製品の自作!!


自作に挑戦がしやすい時代?!

ホームセンターに行くとDIYに必要な道具や部品をほとんどを揃えることができます。環境破壊が進みエコロジーな社会を求めるようになった頃から、DIYがブームが始まりました。日曜大工の延長線上にあったDIYも更なる進化を遂げ、今や電気製品の自作も行う人が増えています。こうした風潮に合わせて、電気製品を自作するための部品も流通していますから、オリジナル電気製品の自作も挑戦しやすい時代だと言えます。アマチュアでもDIYにおける環境が整っていれば、相当精度の高いものが作れるはずです。

初めは単純な仕組みの電気製品を作ろう

電気製品についての知識や技術を専門の学校で学んだ人でも、一昔前では自宅で電気製品を自作する人はあまりいませんでした。現代では100円ショップの部品だけで、電気製品の試作が作れるくらい部品の入手が簡単です。ドアが開いた時だけ電気が付くようにしたければ、人感センサーや温感センサーを設置すれば出来ます。パソコンなどを使ってプログラミングが必要な電気製品の自作もありますが、初めのうちはこうした単純な仕組みの電気製品を作るといいです。

既存モデルを加工しよう

買ってきた電気製品をさらにパワーアップさせるような改造も、電気製品の自作に通じます。改造中は内部の部品がどのような配線になっているのか、確認するチャンスです。難しいと思っていた電気製品の仕組みも蓋を開けてみると、意外にも単純だったりするのです。温度やスピードをコントロールするスイッチを付けるなら、製品の外装も加工します。プラスチック製の外装なら、ドライバーの先を熱して当てれば、その部分が溶けるので簡単に穴を開けることも出来ますし、ドリルドライバーで直接削ってしまう方法もありです。

プリント基板実装とは、電子部品をプリント基板にはんだ付けしたもののことです。プリント基板とは、配線だけの基盤のことです。